赤ちゃん

赤ちゃんのお肌をキレイに保つ為の情報満載

赤ちゃんのお肌をキレイに洗おう

赤ちゃんのお肌は、とってもデリケートです。

生後2〜3ヶ月までの赤ちゃんはママのお腹の中にいた頃の影響で、皮脂の分泌が非常に活発です。

おでこや頭に、フケのようなものやカサブタのようなものができるのは、そのためです。

さらに赤ちゃんは、新陳代謝も活発で汗っかき。

そんな赤ちゃんの肌をきれいに保つためにも、キレイに洗ってあげることが大切です。

しかし、赤ちゃんの皮膚の厚さは非常に薄く、こするなどの刺激に弱く、とても傷つきやすいです。

赤ちゃんのお肌を洗うには、できれば赤ちゃん用の低刺激の石鹸を使用し、

手の平で石鹸をよく泡立て、泡で洗うような感覚で、優しくキレイに洗ってあげるとよいです。

最近は泡状で出てくるタイプのベビーソープもあります。

石鹸は流し残しのないように、よく洗い流してあげます。

顔や耳の周りは、ガーゼなどを使い、優しく拭き取ってあげる程度で十分です。

赤ちゃんの皮膚は薄くて敏感、そして水分が蒸散しやすいので、洗いすぎも厳禁です。

脂分を取りすぎてしまうと、乾燥したり、湿疹がひどくなってしまうこともあります。

できるだけ少ない回数の沐浴やシャワーで赤ちゃんのお肌を清潔に保ち、保湿もしっかりしてあげることが大切です。


Copyright(C) 2012 赤ちゃんのお肌をキレイに洗おう All Rights Reserved.